お墓作り

  1. 「お墓の外柵・付属品①」〜香炉や塔婆立など種類といつ頃から必要となったのか?〜

    これからお墓を建てようと考えた時、「どこに建てるか」「墓石の種類は?」「形状は?」「そして外柵や付属品は?」と思い浮かぶと思います。霊園や墓地を見渡せば、他家のお墓本体はもちろん豪華な外柵や付属品に、自分の家も豪華にしたい!と思ってしまいます。

    続きを読む
  2. 「お墓本体の名称③」お墓を石材で建てる意味とは?大地がもたらす自然に抱かれる

    家族や知人など親しい間柄の人が亡くなると、その方を忘れないよう何かカタチとして残したいと人は思います。そこで重要な役割となるのがお墓や仏壇です。どんなカタチであれその人を感じられる存在があるだけで、生前の懐かしさに思いを寄せることができ、心の拠り所となります。

    続きを読む
  3. 「お墓本体の名称②」大半を占める今の墓石「和式三段墓」の形状はいつから?お墓にまつわる歴史

    墓地や霊園にもよりますが数十年前は、同じ形状のお墓がずらりと並ぶ光景が見受けられましたが、現代では墓石を故人の趣味や意向を汲んだ形の様々なお墓が存在しています。石材を使用することに変わりはありませんが、ある程度自由に加工することができるので、少し変わった形のお墓も建てることができます。

    続きを読む
  4. 「お墓本体の名称①」お墓の成り立ちや歴史とは?現在のお墓のスタイルが定着したのはいつ頃だったのか?

    様々な生活スタイルがある中で、ご先祖様や故人の供養の仕方なども多様性が見られるようになりました。現代で最もポピュラーなのが、火葬をしその遺骨をお墓に納めるまたは、散骨するという方法が一般的です。

    続きを読む
  5. 2022年のお盆はいつからいつまで?今年のお盆の期間とトレンドとは

    桜が散り初夏の風を感じる頃、今年もお盆がやってくると思い始める方も多いはず。2022年のお盆はいつからいつまでなのか?仏事のお盆の期間としてはもちろん、連休は土日祝日を含めて何日間になるのか?なども気になるところです。

    続きを読む
  6. 宗派による【供養】の作法の違い

    <前回記事> いろいろな宗教・宗派の種類 宗派による【お墓づくり】の作法の違い同じ仏教でも、その宗派によって供養の作法も異なります。今回は、仏教の各宗派ごとの葬儀やお焼香、念珠など作法の違いについて紹介します。

    続きを読む
  7. 宗派による【お墓づくり】の作法の違い

    前回は、「いろいろな宗教・宗派の種類」についてお話ししました。では、たくさんの宗教や宗派が存在する日本において、お墓の形やつくり方に違いはあるのでしょうか?今回は「宗教の違いとお墓の関係」や「宗派によるお墓の形の違い」についてお話します。

    続きを読む
  8. 2022年(令和4年)の「春のお彼岸」はいつから?彼岸の意味することとは

    昨今、人々のライフスタイルの変化により、お墓やお参りのあり方が変わりつつあります。命日や休みになるお盆などはお墓参りへ行こうと思いますが、「お彼岸」に馴染みのない人が増えてきていると言われています。

    続きを読む
  9. 主流となった「洋型」と急増する「デザイン型墓石」など現代のお墓事情とは?

    先祖代々から受け継がれた「和型」のお墓が多くを占める中、近年では故人の生前の趣味や趣向、また信仰などによって墓石の形状も様々に変化しています。現在、墓石は和型・洋型・デザイン型に分類され、「和型」は古くから主流でしたが、選択する自由から「洋型」や「デザイン型」を選ばれる方も多くなってきています。

    続きを読む
  10. 仏教の宗派とは?13宗56派で何が違うのか分かりやすく解説

    お盆の時期も目前となってきた8月上旬。この頃になるとお墓参りのことが脳裏を過ぎりますよね。お墓参りをすると普段は考えることも少ない宗派についても思い浮かぶかとは思いますが、日常生活を送る上で、普段自分の家がどの宗派に属しているかなど意識することは少ないと思います。

    続きを読む
  11. お墓や埋葬・供養スタイルにも変化!現代の「供養」の方法とは?

    核家族化であったり、少子化であったりと、人々の価値観の変化が大きく影響している現代。「供養」の形もさまざまに変化しています。「供養」は、亡くなった故人やご先祖様へ供物をし、冥福を祈ることを言い、生きている者が善行を行い、亡くなった故人へ祈りを捧げることです。

    続きを読む
お墓のことならどんなことでもお気軽にお問合せ下さい!
0865-64-5533
メールでのお問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る