費用

  1. 子どもも身寄りもいないからこそ自身の死後「お墓」がどうなるか心配!生前にやっておくべきことやかかる費用とは?

    自身の死後を考えたとき、生前にやっておくべきことはがいくつあるかご存知ですか?子どもや親族もなく、先祖代々からのお墓の管理ができない、といったことも起こりえます。

    続きを読む
  2. 【お墓を建てる】和型墓と洋型墓、それぞれの特徴とメリット&デメリットとは?選ぶときのポイントを解説

    お墓を建てる際、「和型墓」と「洋型墓」とどんな形のお墓にするか悩んでしまいます。もっとも一般的な和型三段墓を選びがちになりますが、実は墓地の区画内に収まれば和型であれ洋型であれ、さらにデザイン型であっても好きなお墓を建てることができます。

    続きを読む
  3. 【お墓の引っ越し(改葬)】山にあるお墓のもしもの時が心配!今の住まいの近くに移す手順と費用は?

    2024年もスタートし早1月も中旬に。地域によっては積雪や氷点下の記録を更新したりと寒さは日本全体を包み込んでいます。さらに新年早々に襲った震災といついかなる時でも、地震国に住んでいるということを思い知らされます。

    続きを読む
  4. お墓の管理は大変!? 墓じまいを考えたとき完全にお墓をなくしてしまうことのデメリットとは?

    後継者問題や、現在お墓を管理者(墓守)する者の高齢化などでお墓を手放す選択をする方が年々増えています。自身の死後お墓のことでトラブルになるのであれば、早々に墓じまいをしてしまう方がいいのでは?とあれこれ考えてしまいます。

    続きを読む
  5. お墓を建てるにはどのくらいの費用がかかる?一般的な料金や相場をご紹介

    近年では、終活をする人も増えた影響からか、新たにお墓を購入する方も多くなってきています。しかし実際に「お墓」と一言で言っても、墓地・墓石とは別にかかる費用は複数あるので注意が必要です。墓石は費用相場が数百万円となるとても大きな買い物です。

    続きを読む
  6. 「墓じまい」には様々な準備が必要不可欠!【準備編】

    前回の記事で、墓じまいの費用についてお話しましたが、いざ「墓じまい」と考えた時、費用の次に考えるのは「準備」ではないでしょうか。意外とすることが多いので、専門業者にお願いする方法もありますが、まずはきちんとお墓と向き合い、どのように進めればいいのか、検討していきましょう。

    続きを読む
  7. 「墓じまい」にはいくらくらい必要? 【費用編】

    近年、「お墓を継ぐ人がいない」「高齢でお墓参りに行けず負担になっている」など様々な理由から「墓じまい」を選択する人が多くなってきています。「墓じまい」とは、管理・維持が難しくなったお墓からお骨を取り出し、お墓を解体・撤去して再び更地に戻し、霊園管理者に返還することを言います。

    続きを読む
お墓のことならどんなことでもお気軽にお問合せ下さい!
0865-64-5533
メールでのお問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る