お墓

  1. 「お墓の外柵・付属品①」〜香炉や塔婆立など種類といつ頃から必要となったのか?〜

    これからお墓を建てようと考えた時、「どこに建てるか」「墓石の種類は?」「形状は?」「そして外柵や付属品は?」と思い浮かぶと思います。霊園や墓地を見渡せば、他家のお墓本体はもちろん豪華な外柵や付属品に、自分の家も豪華にしたい!と思ってしまいます。

    続きを読む
  2. 「お墓本体の名称③」お墓を石材で建てる意味とは?大地がもたらす自然に抱かれる

    家族や知人など親しい間柄の人が亡くなると、その方を忘れないよう何かカタチとして残したいと人は思います。そこで重要な役割となるのがお墓や仏壇です。どんなカタチであれその人を感じられる存在があるだけで、生前の懐かしさに思いを寄せることができ、心の拠り所となります。

    続きを読む
  3. 「お墓本体の名称②」大半を占める今の墓石「和式三段墓」の形状はいつから?お墓にまつわる歴史

    墓地や霊園にもよりますが数十年前は、同じ形状のお墓がずらりと並ぶ光景が見受けられましたが、現代では墓石を故人の趣味や意向を汲んだ形の様々なお墓が存在しています。石材を使用することに変わりはありませんが、ある程度自由に加工することができるので、少し変わった形のお墓も建てることができます。

    続きを読む
  4. 2022年のお盆はいつからいつまで?今年のお盆の期間とトレンドとは

    桜が散り初夏の風を感じる頃、今年もお盆がやってくると思い始める方も多いはず。2022年のお盆はいつからいつまでなのか?仏事のお盆の期間としてはもちろん、連休は土日祝日を含めて何日間になるのか?なども気になるところです。

    続きを読む
  5. 宗派による【供養】の作法の違い

    <前回記事> いろいろな宗教・宗派の種類 宗派による【お墓づくり】の作法の違い同じ仏教でも、その宗派によって供養の作法も異なります。今回は、仏教の各宗派ごとの葬儀やお焼香、念珠など作法の違いについて紹介します。

    続きを読む
  6. 宗派による【お墓づくり】の作法の違い

    前回は、「いろいろな宗教・宗派の種類」についてお話ししました。では、たくさんの宗教や宗派が存在する日本において、お墓の形やつくり方に違いはあるのでしょうか?今回は「宗教の違いとお墓の関係」や「宗派によるお墓の形の違い」についてお話します。

    続きを読む
  7. お墓や埋葬・供養スタイルにも変化!現代の「供養」の方法とは?

    核家族化であったり、少子化であったりと、人々の価値観の変化が大きく影響している現代。「供養」の形もさまざまに変化しています。「供養」は、亡くなった故人やご先祖様へ供物をし、冥福を祈ることを言い、生きている者が善行を行い、亡くなった故人へ祈りを捧げることです。

    続きを読む
  8. 墓地(霊園)の選び方!それぞれメリット・デメリットとは?

    日常生活を送っている中で、なかなか考える機会が少ないお墓選びは、高価な買い物だからこそ、建ててから後悔はしたくないものです。一度お墓を建ててしまえば、容易に建て直しや移転をすることもままなりません。

    続きを読む
  9. お墓を建てるにはどのくらいの費用がかかる?一般的な料金や相場をご紹介

    近年では、終活をする人も増えた影響からか、新たにお墓を購入する方も多くなってきています。しかし実際に「お墓」と一言で言っても、墓地・墓石とは別にかかる費用は複数あるので注意が必要です。墓石は費用相場が数百万円となるとても大きな買い物です。

    続きを読む
  10. お墓を建てる時の“石材”の選び方とは?国内外を含めると約300種類以上!

    お墓を建てる時、墓石を見比べて“どれが良質”で“どれが高い”のかは素人目からは判断がつきません。どの石材も同じように思えてしまい、安価な石材でいいかも・・・っと考えがちです。しかし墓石は長く引き継がれていくものだからこそ、初めてお墓を立てる時は慎重に慎重を重ねてもムダに終わるということはありません。

    続きを読む
  11. お墓の役割とは?故人やご先祖様を供養するお墓の意味

    ■お墓の役割とは?お墓は、遺体や遺骨を葬る場所、もしくは遺体や遺骨を葬った場所に建てた石や樹木などの建造物などを指します。土を高く盛って築いたお墓を「塚(つか)」と呼び、その歴史は古く「墳墓」と言われ、古い墳墓を考古学上「古墳」となります。

    続きを読む
お墓のことならどんなことでもお気軽にお問合せ下さい!
0865-64-5533
メールでのお問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る