お墓作りの流れ

  •  
  • ステップ1

    まずはお近くの東洋石材にご連絡下さい。
  • ステップ1

    お墓の事でお悩みの方はどんなことでもお気軽にご相談ください。例えば、お墓の傾き修理から、お墓の撤去お墓のリフォームなどのお墓に関する事から、墓地のご紹介まで幅広く皆様のご要望を満たすサービスをご用意しております。

  • ステップ2

    お墓を建てる場所を決めます。
  • ステップ2

    既に墓地をお持ちの方は墓地の現地調査を行います。場所や地盤によって工事の内容が大幅に変わったりすることがございますので、お見積り前に墓地の現状を調査させて頂いております。また、墓地を持っていないお客様には立地やアクセスなどを考慮し、最適な墓地をご案内させていただきます。(墓地紹介は全て無料)お気軽にご相談ください。

  • ステップ3

    お墓のデザインや使用する石材を決めていきます
  • ステップ3

    東洋石材工芸社では一人ひとりに合わせたご提案をさせていただきます。ご予算やご希望のデザインに合ったプランをご製作させていただきます。また中国地方最大級のお墓の品揃えは実際にお客様に目で見てお選び頂け、イメージ通りのお墓作りが可能となっております。また、お墓や仏事の有資格者(お墓ディレクター)が在席しておりますので、仏事のことやお墓のことは何でもお気軽にプロにご相談ください。

  • ステップ4

    お墓の完成イメージ図面と明細金額をご提示します
  • ステップ4

    お客様からのご要望を基にお墓の完成イメージ図面とお見積りプランをご提出させていただきます。また、仕様の変更や石材の変更、追加のご要望など担当スタッフにお申し付けください。お墓はずっと残るモノなので焦らず、じっくりと選ぶ事が重要です。東洋石材では無理に契約を迫ったり、商品を強引に勧める接客は一切しておりません。あくまでもお客様の良いお墓作りをお手伝いすることが弊社の役目でございます。

  • ステップ5

    ご提案内容とお見積もりにご納得頂けましたらご契約となります。
  • ステップ5

    東洋石材ではお墓のご契約書をご用意しております。当たり前のことなのですが、墓石業界では契約書を交わさない石材店が多く、建立後にトラブルが発生するという事例が多く見られます。また墓石一式○○万円といった明細が記載されていないことも多いのです。弊社では墓石や工事費の内訳金額を記載することでお客様に少しでもご安心して頂けるようしっかりとした見積書及びご契約書を提出させていただきます。

  • ステップ6

    墓石の製作と工事着工。
  • ステップ6

    東洋石材のお墓は基本的に全てご注文を頂いてから製作するオーダーメイド方式となっております。(在庫品は除く)原石の選定から磨きの検品まで一つ一つ真心を込めて製作いたします。また、基礎工事から墓石の建立まで複数のチェック項目を設けることであらゆる不備を無くし、お客様にずっとご安心して頂ける最高の品質水準でお墓を建立いたします。

  • ステップ7

    お客様の合格をいただきお引渡しとなります。
  • ステップ7

    東洋石材工芸社ではお墓を建立された方、全員に弊社10年保証をお付けさせて頂いております。一般的なお墓だけの10年保証ではなく、基礎工事も含んだお墓全体の保証となっておりますので、ご安心くださいませ。またお墓の完成時にお客様に再度検品をしていただき、最後まで不備がないかをご確認していただいております。東洋石材のお墓作りはお客様第一主義でございます。

  • ステップ8

    お墓にお正念を入れて完成です。
  • ステップ8

    「お墓が完成すれば、お墓にご先祖様の魂を吹き込む開眼供養を執り行います。東洋石材では納骨や開眼供養のお手伝いもさせて頂いておりますので、最後までお客様にご安心していただけます。また、入会費・会費無料の「東洋クラブ」にご入会いただければ、会員特別価格で建墓後のメンテナンスや保守もさせて頂きます。」

/
  • STEP1

    ご相談とヒアリング

    12
  • STEP2

    墓地の紹介と現地調査

    34
  • STEP3

    墓石の仕様を決める。

    56
  • STEP4

    お見積書のご提出と打合せ。

    78
  • STEP5

    ご契約内容のご確認とご契約。

    910
  • STEP6

    基礎工事とお墓の建立工事。

    1112
  • STEP7

    お墓に10年保証を付けてお引渡し。

    1314
  • STEP8

    開眼供養とアフターサービス。

    1516


1. お墓づくりのまえに

お墓を建てる必要性ってあるの?

そもそもお墓は必ず建てなければいけないの? いいえ、そんなことはありません。人それぞれに理由が様々あり、またお墓を建てない方の理由もあります。最近では様々な供養のスタイルが登場し、より多くなった選択肢の中から自分に合った供養のカタチを見つけてみるのも良いでしょう。 ここではお墓の必要性について両者の理由を5つにまとめてみました。

お墓を建てたい5つの理由

  • ご先祖様への感謝の気持ちを形にしたい
  • 自分が亡くなった後も受け継いでいって欲しい
  • 他人と同じ所に入るのが嫌だから
  • 供養や宗教の気持ちが大きい
  • 後継ぎに費用面で負担をかけたくないから

お墓を建てない5つの理由

  • 後継ぎがなく今後が不安だから
  • お墓参りや維持が面倒だから
  • 費用が掛かるから建てたくない
  • 供養・宗教に特に関心がない
  • 永代供養や手元供養で充分だから

人類の供養の歴史は遥か深く、現在わかっている範囲では古代ネアンデルタール人の時代まで遡ります。 近年、当時の人々が亡くなった死者に花を手向けていた事実が考古学により明らかになっているなど、 私たち人類は遥か昔から供養という概念があったという事を証明しています。


仏教や神道によってお墓の形は異なる?

「知らないと後悔?お墓の歴史と宗派の違い。」

お墓参りに行くとよく見かける3段墓(石が3つ重なっている和型墓石)のスタイルになったのは、江戸時代からのことで、その一昔前の鎌倉・室町時代には仏教が全国各地に普及し、戒名やお位牌などが現在に至るまで取り入れられています。 その頃のお墓の形は五輪塔(ごりんとう)と呼ばれるもので、仏教の世界では宇宙のすべてを形成すると言われる五大(・地)を指しています。 この五輪塔こそが、現在まで多く建てられている一般的なお墓の形の基礎であると言われています。また、仏教と神道では同じお墓のようで実は細かな違いがあったり、 仏教の中でも各宗派によっては付属品や名称、お墓の形状が異なるように、 ここでも細かい違いが存在します。同じ宗派でも各ご住職の考え方、 地域による供養の考え方などがあるため、檀家になられている方は ご住職などに相談するのも良いでしょう、また檀家や宗派がないと いった方は一度近くの石材店に相談するといいでしょう。

五輪塔の画像


お墓はいつ建てる?

お墓を建てる時期に特には決まりはありませんが、最近では後継者に負担をかけないようにと、生前墓を建立される方が増えています。また地域によっては49日までに建立をしたり、3回忌が済むまでお墓を建てなかったりと様々です。一番確実なのは、檀家になられている菩提寺に尋ねるか、地域の石材店に相談することをオススメします。

終活の画像

「今、生前にお墓を建てる方が増えているんです。」

寿陵じゅりょうとは
亡くなられる前にお墓を建てることを「寿陵」と言い、縁起がよく長生きをするといった云われがあります。生前にお墓を建てることでのメリットはたくさんあり、今もっとも注目されています。

生前にお墓を建てる3つのメリット!

  • 後継ぎの方に負担を掛けないで済む。
  • 自分の思い通りのお墓作りが出来る。
  • お墓は相続税が不要なので節税効果がある。


お墓を建てる費用

お墓を建てるにあたって最初に気になることは、やはり費用の面でしょう。ここでは「お墓を建てる時」と「お墓を建てた後」にそれぞれ発生する費用について説明します。お墓の金額は主に「墓地代金」「墓石代金」「墓地の管理費」のお金が必要になります。他に、開眼供養(お墓に魂を入れる)の際にご住職へのお布施(約3万円くらいが一般的)が必要になります。

お墓を建てるとき

墓地代金

+

お墓を建てるとき

墓石代金

+

お墓を建てたあと

管理費

墓石代金

墓石を住宅に例えると、家本体の部分とお考えください。墓石金額の内訳は「石塔本体」「外柵・納骨棺(カロート)」「施工費」の3つを合わせて墓石の費用と言われてます。 墓石の金額は主に使用する石材と石材の使用量、そして敷地の広さで決まります。例えば、外国産の安価な石種であれば、同じ石の量を使っていても価格や安くなります。この使用する石材(国産材など)が高ければ高いほど、墓石を比例して高くなります。

五輪塔の画像岡山・広島の平均お墓の購入額135万円当社調査

五輪塔の画像

墓地代金

墓地代金とは、つまり「土地の価格」のことです。しかし、実際に土地を買うという訳ではなく、そこにお墓を建てる為のいわば使用料を支払うという事になります。この使用料のことを「永代使用料や永代使用権」といいます。 気になる墓地の価格は公営墓地などは国や自治体が管理しているため、比較的安く、民間霊園や寺院墓地などは少し高い傾向にあります。また、立地やアクセスが良いところ、都内などの土地そのものが高い所は、永代使用料が高くなる傾向があります。

五輪塔の画像岡山・広島県の墓地永代使用料平均50万円当社調査

五輪塔の画像


墓地管理費

多くの墓地には年間管理費(不動産で言えば共益費)が掛かります。公営墓地であれば年間1,000円~3,000円くらいが一般的ですが、民間寺院墓地では年間1,000円~10,000円くらいと幅広いので墓地取得の際は事前に確認しておくことをオススメします。また、初回に数万円を支払い、あとは永代無料といった所もあります。

墓地別
管理費の目安1年約1,000円~5,000円程度


お墓作りに役立つ情報を集める

東洋石材工芸社では「お墓についてもっと知りたい方」にお墓に関するご相談など様々なお悩みやお墓作りに役立つパンフレットや墓石のカタログを配布しております。また、遠方にお住まいの方やお身体が悪く来店が困難な場合はお電話でお墓に関する様々なお悩み、ご相談を無料でお聞きしております。はじめてのお墓作りは不安や疑問がたくさん、そんなお悩みを東洋石材がご解決いたします。ほかにお墓を建てた後のメンテナンス方法や、お墓の引越し、リフォームや仏事に関することまで幅広くご対応しておりますので、是非お気軽にご相談ください。

墓石ガイド
墓石ガイド

毎月先着20名さまに無料進呈!

墓石購入完全ガイド全16ページフルカラー

  1. 1.良いお墓をつくるためにお墓の事を良く知ろう。
  2. 2.失敗しない墓地の選び方とは、、、
  3. 3.お墓選びの重要項目、、
  4. 4.石の良し悪し/プロが教える見分け方、、、
  5. 5.よくある質問など、、、その他多数記載!

無料ガイドを申し込む


2. お墓を建てる場所を決める

墓地の種類

お墓を建てる際、まず最初に用意しなければいけないもの、それは墓地です。どんな墓地にお墓を建てるのかで、お墓のデザインや大きさ、お墓参りのしやすさに大きな違いがでてきます。墓地にはいくつかの種類があり各々の墓地・霊園の種類によって様々な特徴があるので、その特徴をしっかり把握し、あなたに合った墓地を選ぶことが重要です。

公営墓地
国や都道府県や市町村などの自治体や、そこから委託された法人が管理・運営している墓地。
民間墓地
財団法人や宗教法人などの民間法人が管理・運営しています。
寺院墓地
宗教法人が管理しています。お寺の檀家となることが条件の所も多いです。
その他墓地
昔からの村落墓地や個人墓地などがありますが、新たな区画をつくることは現状難しいです。

 
良い点
悪い点

公営墓地
  • 永代使用料や管理費用が安く、永続性が保障されている。
  • 申し込み制限が少ない。
  • 石材店を自由に選べる。
  • 墓地取得に複数の条件がつくことが多い。(遺骨がある・お墓の継承者がいるなど)
  • 募集が不定期、また希望者の多くが抽選制。
  • 生前購入ができないことがある。

民間墓地
  • 遺骨の有無などの申し込み制限が少ない。
  • デザインや大きさの自由度が高い。
  • 生前購入が可能。
  • 法要施設を併設しているところが多い。
  • 公営墓地に比べると、永代使用料や管理費用などのコストが高い。
  • 霊園が指定する石材店でしか、お墓を建てら れないことがある。

寺院墓地
  • いつでも回向読経を頼める。
  • 檀家になると、すべての法要をその寺院で執 り行える。
  • 寺の行事や催事に参加できる。
  • 宗旨・宗派が決められている。
  • 寺院が指定する石材店でしか、お墓を建てら れないことがある。
  • 檀家になる必要がある事が多い。

その他墓地
村落墓地
墓埋法(墓地・埋葬に関する法律)立法前につくられた墓地。現在では村落墓地に、新たな区画をつくることは難しい。(昔からある、既存のお墓は今まで通り利用できる。)
個人墓地
個人所有の土地に建てられたお墓。現在では、市区町村からの許可をもらわなければ、新しく墓地を作ることが出来ないため、自身の土地であっても、利用することは極めて難しい。


墓地の利用規則と手続き

墓地を利用するにはいくつかの手続きが必要です。そして、墓地には様々な利用規則があります。この手続きや規則をおろそかにすると、「墓地が購入できない」「購入した墓地を手放さなければならない」なんてことも起こりえます。そういったことを未然に防ぐためにも、購入予定の墓地に関する、手続きと利用規則はしっかり確認しておきましょう。

永代使用料と管理費
墓地の管理者から永代使用権(墓地の使用権利)を取得するための料金を永代使用料、墓地の維持・管理(墓地の清掃など)に必要な料金を管理費といいます。墓地を購入するためには、この永代使用料と管理費用が必要になります。

使用規定
墓地を使う際に定められた規則を使用規定といい、各墓地・霊園によって様々なものがあります。
  • 墓地購入後、所定の日数以内にお墓を建立する。
  • お墓のサイズに制限がある
  • 墓地使用権の転貸・譲渡の禁止。

納骨手続き

人が亡くなった場合、死亡届と死亡診断書、あるいは死体検案書を提出します。その際に火葬許可の申請を一緒に行い、火葬後に納骨が可能になります。[新規納骨]

引越しなどでお墓の管理が難しくなり、お墓(遺骨)を別の場所に移すことを改葬といいます。改葬には、市区町村が発行している改葬許可証が必要になります。[改葬]


墓地選びの6つのポイント

ここさえ抑えておけば大丈夫!!プロが教えるチェックポイント

宗派

ポイント1

墓地や霊園によって、受け入れられる宗派や宗旨に違いがあります。お墓を継承する方も含めて、先々のこともしっかり検討する必要があります。

立地条件

ポイント2

“お参りのしやすさ”は重要です。体を壊したり、動けなくなった時のことを見据えて、アクセスという面もしっかり考慮にいれておくべきです。

価格・費用

ポイント3

墓地を利用するには、墓地の永代使用料・管理費用など、たくさんのお金が必要になるので、無理せず購入できる墓地を探しましょう。

環境

ポイント4

雨風や降雪などによってお墓は徐々に痛んでいきます。また、山間部では土砂崩れや地盤沈下の恐れもあるため、地盤の確認も大切です。

施設・設備

ポイント5

各霊園・墓地で利用できる設備は様々です。管理事務所や駐車場、休憩所、お手洗い、法要施設など、諸設備の有無や規模は重要です。

管理

ポイント6

お墓ができれば、霊園・墓地とのお付き合いが始まります。管理が不十分な墓地は、墓地が荒れ果てせっかくのお墓が台無しになってしまいます。


3. お墓のカタチを決める。

自分に合ったお墓を選ぶ。

お墓の形は大きく分けて伝統的な和型の墓石、洋風な洋型墓石、創作的なデザイン墓石があります。従来ほとんどの地域で和型墓石の建立がされていましたが、最近では洋型、デザイン墓石の割合が和型墓石を超えるデータが出ています。その背景には瓦屋根の日本家屋が減っている住宅市場と同じように、建立者の価値観や故人の想いを表現したいという方が増えてきているのでないでしょうか。

和型墓石

日本古来より受け継がれる最もスタンダードなスタイル。日本の伝統をそのまま形に表した姿は、格調高く、飽きがきません。全国的にも建立件数が多く、どんな墓地・霊園にでもなじみやすいシルエットなので、安定した人気があります。

洋型墓石

西洋の文化を大きく取入れたスタイル。横浜の外国人墓地がルーツと言われており、和型と違い軸石が横に長く背が低いので、お掃除などもしやすく、丸みを帯びた形のもが多いことから、女性からの人気が高いことが特徴的です。

デザイン墓石故人の想いをカタチ

元来の形式にとらわれない独創性に富んだスタイル。自身の自由な発想とデザインを取入れたり、自分の好きなモノ(スポーツ・音楽・動物)を彫り込んだりと、個性豊かで目を引くユニークなお墓を求める方に人気のスタイルです。

お墓のスタイル最近の傾向

統的な和型の墓石は安定した人気がありますが、近年では、洋墓やデザイン墓石も勢いを強めています。


4. 石を選ぶ

プロが教える石の見分け方

お墓に使用する石は、ただ値段の高い石を使えば良いというわけではありません。耐久性・石目・コストなど、お客様のニーズを伺い、お客様に最適なプランニングをさせて頂きます。

吸水性

お墓は一般的に屋外に建立されるものです。雨風や雪などの水分を吸収することで、耐久性が損なわれ風化の速度が増してしまうことがあります。

硬度

お墓の表面は綺麗に磨いてありますが、実は小さな傷や穴が沢山あります。硬度の低い石種は、そこからひびや割れ欠けが発生しやすくなります。

石選びの重要6ポイント

  • 価格や色だけに注視せず品質も重視する
  • 原石が豊富な石を選ぶことで後々の取替えがきく
  • インド産石材は硬く、吸水も低いのでおすすめ
  • 国産材=安心ではない。石によって品質が違う
  • サンプル石だけで決めるとイメージが違う場合がある
  • あまりに安価な石は後で変色やヒビ割れしたりする

お墓に文字を刻む

お墓の形は大きく分けて和型の墓石、洋型の墓石、デザイン墓石があります。故人の好きだった色やご家族のお好みで選ぶことが出来ます。また、お客様がデザインをしたお墓をカタチにすることもできます。

お墓に何を刻む?

洋型・デザイン墓石の彫刻

洋型のお墓では、アルファベットや好きな言葉を彫刻する方が増えています。模様や絵柄なども彫刻できるため、彫刻に関する自由度は高いといえるでしょう。

洋型彫刻の特徴

「絆」「偲」「心」といった 一文字を刻んだり、「ありがとう」といったメッセージ彫刻に人気があるようです。


書体の種類

お墓に刻む文字には書体といういくつかの種類があります。それぞれの書体によって様々な表情があり、書体を変えることで表情が大きく変わってきます。数ある種類の中であなたが一番心引かれる書体で、お墓に文字を刻みましょう。


お墓に絵柄を刻む

お墓に刻む文字には書体といういくつかの種類があります。それぞれの書体によって様々な表情があり、書体を変えることで表情が大きく変わってきます。数ある種類の中であなたが一番心引かれる書体で、お墓に文字を刻みましょう。


立体彫り

平面に文字や模様などを浮き上がるように彫る加工技術。


象嵌加工

模様を彫りこんだくぼみに、他の材料をはめ込む技術


影彫り

石版に点刻を打ち込んで模様等を表現する彫刻技術。


追加彫り

墓所に霊標がある場合、亡くなられた故人の名前(法名または戒名)を追加で彫刻する必要があります。このように、改めて彫刻を追加することを追加彫りといいます。また、地域によっては四十九日までに追加彫りをする地域があったりと、追加彫りが必要な場合は、お近くの東洋石材までご相談ください。