お墓の各部名称お墓の用語辞典

お墓の用語辞典お墓の用語辞典

青木石あおきいし

花崗岩。香川県丸亀市産出。白の中目質。淡青色。石辞典でもっと詳しく見る

庵治石あじいし

花崗岩。香川県庵治牟礼で採れる最高級の御影石。 独特の風合いを持つ斑があるのが特徴。微~細目粒・硬質美麗の高品質で定評がある。石辞典でもっと詳しく見る

粗目石あらめいし

石材の粒子による分類のうち、粒子の一番粗い石のこと。

安山岩あんざんがん

火成岩(火山岩)のうち、噴出したマグマが地表や地表近くで徐々に冷え固まったもの。斜長石、黒雲母、輝石を主成分とし、わが国のいたる所で産出する。

石目いしめ

岩石の節理。つまり岩石の内層に入っている自然な裂け目のこと。すべての石は石目をもっており、この方向で割れやすい。採石の際石目の流れを知ることが非常に重要とされる。

一周忌いっしゅうき

人が亡くなってからちょうど1年後の同月同日のこと。 または、その日に行う法事。神道の場合は「一年祭」という。

一般墓地 いっぱんぼち

区画を外柵で仕切り、墓石を建立する従来型の最も一般的な墓地。芝生墓地や樹林墓地、合葬式墓地などと区別する際に使われる用語。 墓石は和型や洋型のほか、デザイン墓を施工できることも多い。

慰霊碑いれいひ

戦争や自然災害などで亡くなった不特定多数の人々を祭る石碑のことで、大きなものは慰霊塔と呼ぶこともある。 霊を鎮めたり、二度とこのようなことが起こったりしないように碑文が刻まれることもある。

浮き彫りうきぼり

墓石に文字や絵柄を彫刻する際の技法のひとつ。 一般的な彫刻では文字の部分を彫り込んでいくが、文字の周囲を彫ることにより、文字を浮き上がらせていく彫刻の仕方。

裏込めうらごめ

石積み、石播の裏側にモルタルを流し込むこと。

上台うわだい

棹石(軸石)の下に付く石、中台とも呼ばれる。

雲母うんも

花崗岩、片岩、片麻岩などの主成分鉱物。多くは六角板状結晶で、薄く何枚にもはげる。黒雲母は俗にキララと呼ばれ、花崗岩中にゴマ状に存在する。

永代供養えいたいくよう

永代供養とは数世代の長い年月に渡り寺院又は 霊園が供養をしてくれること。

大島石おおしまいし

中目質の花崗岩で、愛媛県越智郡宮窪町産出。西日本では墓石用石材として多く使われている。石辞典でもっと詳しく見る

陸カロートおかかろーと

地上納骨のこと。

奥都城おくつき

「奥津城」とも書くこともある。元々は上代(神代)の墓をこのように呼んだが、現在では神道式の墓(神道墓)のことを指している。基本的な構成は仏式とほぼ同じと言える。ただし、神道では焼香を行わないので香炉が不要であるが、玉串を奉げる為の八足台が必要となる。 墓石の形状は、仏式に比べ細長い角柱型で、頂上部はトキン加工と呼ぶ四角錐になっている。

奥の院型灯篭おくのいんがたとうろう

石灯篭の型の一つ。春日神社奥の院にあるものが本歌。受の上下に蓮弁を刻み、十二支を彫り干支方角に据えるといわれる。春日灯篭の基本型。

開眼式かいげんしき

新しくお墓を建てたり、お墓を移した時に行う納骨の法要。入魂式ともいう。

外構工事がいこうこうじ

建物などの本工事、主体工事の周囲整備のために行う外まわりの工事。本工事に付属して引き続き行われる。

外柵がいさく

お墓周辺の石の囲いのこと。巻石、玉垣などの総称。

改葬かいそう

遠隔地、あるいは山中などの不便な場所にあるお墓を自宅近くに移すこと。改葬の手続きは墓埋法(墓地、埋葬等に関する法律)によって定められており、たとえ自分の家の墓であっても勝手に遺骨を持ち出すことは出来ない。

戒名かいみょう

戒名とは仏教において受戒した者に与えられる名前である。 仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられる。 また生前に戒名を貰うことも出来る。

花崗岩かこうがん

石英、生長石、斜長石、雲母、角閃石などを主性鉱物とする深成岩。地球上最も多く分布する石。通常御影石という。磨いた時の光沢、耐圧力、対風化性に優れている。

火山岩かざんがん

噴出したマグマが冷え固まった岩石。急速に冷却したため、鉱物の結晶粒の細かいものが多い。

春日灯篭かすがとうろう

奈良春日神社に多くある石灯篭の総称。六角形の火袋に神鹿を彫刻し、笠の角に蕨手が付いているのが定形。石灯篭の代表的なもの。

火成岩かせいがん

マグマが固結してできた岩石の総称。近くの深い所で固まったものが深成岩(花崗岩など)、火山活動の際に噴出し固まったものが火山岩=噴出岩(安山岩)など。

空積みからづみ

モルタルを用いずに石材の据付を行うこと。

カロートかろーと

遺骨を納めるお墓の納骨棺部分のことで、地上式・半地下式・地下式がある。 「棺」を意味する唐櫃(からうど)という言葉が語源になっている。

観音像かんのんぞう

観世音菩薩の像。観音とは悟りを得るため衆生教化済度の修行を積み、やがては仏陀となる修行僧のこと。

北木石きたぎいし

花崗岩。淡黄赤色~灰白色。中~粗目の石。風化が少なく大材の産出も。岡山県笠岡市北木島町産。石辞典でもっと詳しく見る

気泡きほう

マグマが岩石となる過程で、揮発成分が発散して岩石の中に残す細かい孔。噴出岩中には多かれ少なかれ存在する。

吸水率きゅうすいりつ

石材が吸収する水分の量。気孔の多い軟石ほど吸水率が高くもろい。

凝灰岩ぎょうかいがん

堆積岩の一つ。灰や微粒の砂が堆積して固結した岩石。軟石に属し風化に対して劣るが、耐火性、加工性に優れている。栃木・宇都宮の大谷石が代表的

境界石きょうかいせき

個人の墓地の周囲をかこみ、近隣の墓地との境界を明らかにする為のもの。墓地の土台を固め、水の流入などを防ぐ働きもある。

空輪くうりん

五輪塔の一番上の部分。

沓脱石くつぬぎいし

縁側から庭へ降りる場所に、足掛かりのために据える石。別名として沓石、履脱石、沓解石、沓抜石、一番石、踏石などともい呼ぶ。

黒玉くろたま

石材の主造岩鉱物の中で、複数または単独の鉱物が集まってできた黒いむら。

原石げんせき

原産地から商品として出荷される天然石すべてをいう。

間知石けんちいし

積み石用の、四角錘の割石。

玄能げんのう

大型のかなづち。石を割る大きかなづちのこと。

小叩きこたたき

石の表面仕上げの一つ。一枚刃(=両刃)で石綿を2㎜前後の間隔で叩き、平坦にする。

瘤出しこぶだし

石材表面仕上げの一つ。コヤスケまたは両刃で払い、凹凸を大きく、自然石の感じを強調した仕上げ方法。

コヤスケこやすけ

石を割り落とす道具。

五輪塔ごりんとう

5つの部位で構成された石塔のことで、昔からお墓にもよく使われる形。 5つの部位は空・風・火・水・地の五大(宇宙を構成する要素)を表している。

小割りこわり

原石を矢、ワイヤー、大口径切断機などで墓石サイズに割ったもの。

さい

切とは墓石に使われている石の量を計る単位であり、1辺が1尺(30.3cm) の正立方体を1切と言う。 つまりそのお墓に何切の石が使われているかによって 値段が変わるという事になる。「才」の字をあてることもある。

棹石さおいし

棹石(軸石、仏石とも呼ばれる)とは魂が宿る石とされ、 主にお墓の一番上の○○家之墓と彫刻されている部分の事をいう。

砂岩さがん

石英、長石、各種岩石の砂粒大のものから成る堆積岩。灰色から暗色、ときに緑色を帯びる。

さび

花崗岩中に生じる鉄分の分解したもの。黒雲母中に多く、白色部分に浸透した場合は鉄気として嫌われるが、錆石として珍重されることもある。

ジェット仕上げじぇっとしあげ

花崗岩系の石材の表面仕上げの一つ。バーナー仕上げともいう。石の表面に水をかけ、酸素、プロパンの混合ガスで焼き、石の表面を薄く剥離する。

地蔵墓じぞうぼ

幼くして亡くなった子供の墓を、地蔵の形にしたもの。地蔵菩薩は、釈迦から人間救済の委嘱を受けているとされ、昔から小さい子供に救済の手を差し伸べるといわれている。

芝台しばだい

墓石の部位の一つ。中台の下に置く台石。通常四つ合わせとする。

字彫りじほり

石に文字を彫刻する事。現在ほとんどが機械(サンドブラスト)による。

寿陵じゅりょう

生前に作るお墓。現在は、早目に墓地を確保して自分の選んだ墓に入りたい、という人が増え、寿陵が多くなっている。

深成岩しんせいがん

火成岩のうち地層の深い所で形成された岩石。比較的粒子が粗い場合が多い。花崗岩、閃光岩、はんれい岩、かんらん岩がある。

神前灯篭しんぜんどうろう

神社に供する灯篭。角型のものが多く、時代地域による形の差異は少ない。

神明鳥居しんめいとりい

伊勢神宮、熱田神宮、明治神宮、靖国神社などの鳥居。傘、柱の断面は丸、貫は柱内側に納まり、額束はない。柱には転びが無く袴石はない。

水晶すいしょう

石英の結晶。石英脈の中に産し、透明で六方晶系結晶をもつ。山梨さんが著名で、印章などに多く用いられる。

水輪すいりん

五輪塔の下から二番目の球体。

据え付けすえつけ

定められた位置に据え納めること。

据え直しすえなおし

一度据え付けた石を据え直すこと。

座りすわり

石を据える時の下端。または据えた後の納まり。

聖地せいち

関西地方などで用いられる墓地の広さの単位。1聖地は90cm四方で面積は0.81㎡となる。

石英せきえい

多くの石材に含まれる酸化珪素。白色、半透明、切り口は貝殻状。純粋な結晶としてある場合には「水晶」と呼ばれ、独特な形をしているのですぐに判別出来る。

石塔せきとう

石造りの塔。五輪塔、宝塔、多宝塔、宝篋印塔、無縫塔などがあり、近世の墓石も広い意味でこれに含まれる。

石碑せきひ

石に文字を刻み建てたもの。記念碑、歌碑、詩碑、碑文石、顕彰碑、墓石、墓誌などがある。

卒塔婆そとうば

サンスクリット語のストゥーパが語源とされている。塔婆、板塔婆ともいい、故人を供養するために墓所に 置かれる五輪塔を模した板のことを指す。 五輪塔と同じように、 板の形と凡字によって地水火風空の五大が表されている。 塔婆を墓所に立て掛けるための付属品は塔婆立と呼ばれる。

玉垣たまがき

神社や墓地の外柵のこと。

中陰ちゅういん

仏教で人が死んでからの49日間を指す。 死者があの世へ旅立つ期間。四十九日。 死者が生と死・陰と陽の狭間に居るため中陰という。

中目ちゅうめ

石材の粒子による分類の一つ。

長石ちょうせき

石英と同様、多くの石材の成分鉱物。ふつう不透明で、白、淡灰、淡黄、淡紅、淡青色をしている。正長石、斜長石に大別される。

丁場ちょうば

丁場とは石を採掘する場所のこと。我が国の主な石材産地は東北、茨城、四国地方などが多い。石切り場、採石場とも呼ぶ

地輪ちりん

五輪塔の一番下の部分。基礎部分のこと。

束石つかいし

束柱を地盤から支える石。通し柱、縁束、床柱など。

蹲踞つくばい

茶席の入口などに置き、口をそそぎ手を清める水鉢。手燭石、湯樋石、前石を組み石として据える。

つら

石や石垣の表面。石積みの表面に出る石を面石という。

デザイン墓石でざいんぼせき

従来の形式や概念にとらわれず故人への想いを反映したお墓のことを指す。遺族だけではなく、本人が生前に自らの意思を込めて建てることも多い。このため、デザインは比較的大人しい和洋折衷のようなものから斬新で奇抜なものまで多岐に渡る。

天場てんば

上端。石や石垣の上面。

塔婆立とうばたて

塔婆を立て掛ける柵。通常墓石の後にある。

灯籠とうろう

灯篭、燈篭、燈籠とも書き、特に墓所に建てるものを墓前灯籠という。 元々は灯火によって故人を供養するために使ったが、 現在では装飾的な意味合いが強い。 角墓前灯籠、丸墓前灯籠、雪見灯篭など、様々な種類がある。

土場どば

屋根のない置き場。倉庫に対して使われる。

ナデなで

ナデとは石につく線模様のような色ムラのことをいう、 あまり美しいモノではない為、ナデが出た石は使わないのが基本である。

糠目ぬかめ

石材の粒子による分類。もっともきめの細かい石。

猫足ねこあし

石塔、墓石の一部で猫の足のように4本の脚のついた飾り台のこと。

伸びのび

石が寸法書上の寸法より実際寸法が大きい場合、その差を伸び(延び)という。

延石のべいし

細く長い石のこと。

のみのみ

たがねののみをいう。石を加工する道具。石のみとも呼ぶ。

のみ切りのみきり

先の尖ったのみで、のみ跡を残す表面仕上げ。凹凸のある石肌はとても美しく、古いお墓や灯篭などによく用いられた手法。

のり

垂直からの傾斜の角度を表す言葉。石積みなどの勾配を法勾配、法面という。

のろのろ

セメントを水だけを混合・撹拌したもの。

パッサモルタルぱっさもるたる

石据えの仮決めなどに使う、水分の少ない粘着性の低いモルタル。叩き締めするとき敷きモルタルに融通性を持たせるために使用する。

拝石はいせき

礼拝のために敷く石。また墓石の前に敷く拝み石。

墓じまいはかじまい

お墓の引っ越し(改葬)や継承者がいなくなったなどの理由でお墓を解体撤去すること。その際には永代使用権を寺院・霊園に返還し、墓地を更地にするのが一般的。

白華はっか

俗に言う「はなたれ」、可溶性塩類を含んだ水分が石材中の毛細管中を移動し、表面部分で水分が蒸発し、塩類の結晶を析出させる。塩類は炭酸塩が多く、硫酸塩を含むこともある。代表的な石材の変質現象。「エフロレッセンス」ともいう。

発破はっぱ

岩石に穴をあけ、火薬を詰めて爆発させること。原石を岩盤から切り離す大割りなどに用いられる。

ビシャンびしゃん

石工具の一つ40㎜×40㎜前後の面を目割りし、それぞれに硬質特殊合金のピラミッド型の刃が刻まれている。

ビシャン仕上げびしゃんしあげ

ビシャンで叩いた仕上げのこと。

火袋ひぶくろ

石灯篭の笠と受け石の間にあり、灯の入るところ。

ピンコロぴんころ

舗石のこと。

石の面に現れる色、質などが乱れる部分。黒玉、白玉、模様の流れなど鉱物結晶の不均一によるもの。斑によってそれが特質になる石材と欠点になる石材がある。

風化ふうか

大気、寒気、水分などの作用を受けて、本来の石室に変化を起こした状態。

風輪ふうりん

五輪塔の上から二番目の石。

舟形地蔵ふながたじぞう

舟の形に似た光背をもつ内彫りの地蔵尊。小児供養を目的としたものが多い。

歩止まりぶどまり

歩損の度合い率。歩止まりが良い、悪いというように用いる。

閉眼式へいがんしき

開眼式とは逆に、古い墓を処分したり、移したりするときに行う。抜魂式ともいう。

ペット墓ぺっとはか

犬や猫などペットの遺骨を納める墓のこと。ペット専用の霊園もあるが、人間と共用できる霊園もある。犬や猫の形をした遺骨の入る墓石もあり、自宅の室内や庭に置いたり、霊園の許可があれば墓地の区画内に置くこともできる。

変成岩へんせいがん

火成岩や堆積岩が高圧・高熱でさらに性質を著しく変え、別の岩石となったもの。

宝篋印塔ほうきょういんとう

本来、宝篋印陀羅尼経を納める塔として建てられたが、後に供養塔、墓碑塔にも使用されるようになった。

宝珠ほうじゅ

灯篭、宝塔などの石塔の最上部にある突起のある石。一般に擬宝珠(ギボシ)と呼ばれる。

菩薩ぼさつ

菩提薩の略。修行をつみ、やがては仏陀(如来)になることを約束されたものの尊号。衆生を教化、救済することにより悟りを得る。地蔵、馬頭、千手、十一面、弥勒、文殊、普賢、日光、月光。聖観音「観世音菩薩」が根本的なものとして多く造られる。

墓誌ぼし

古くは物故者生前の事柄、記録等を記して棺や骨壺とともに納めたものの意。現在は、家族墓として亡くなった人の戒名、死亡年月日、 年齢、俗名などを刻んでいる。他に法名板や霊標、銘板と称される。

墓石ぼせき

墓標に用いる石。庶民が墓石を建てるようになったのは、江戸時代からである。位牌型の笠塔婆や板碑から変形した棹型墓石が最も多く、この形式が今日の標準型である棹型墓石となった。

墓前灯篭ぼぜんとうろう

墓前で供するための灯篭。

墓相ぼそう

墓相とはお墓の風水学のようなものであり、 お墓の方位や地形、材質など、その家系の家運や個人の 人生の吉凶に影響を与えるという考え方。

本磨きほんみがき

最終的に材質に応じた最上の光沢を出す仕上げ。

埋葬まいそう

埋葬とは焼いた遺骨を埋めること。

丸材まるざい

面切に対しての立法切のことを指す。

丸彫りまるぼり

字彫り方法の一つ、彫り始めは直角に下げ、底の隅を丸く仕上げる。

万成石まんなりいし

花崗岩。中粒~粗粒で淡紅色長石を含む桃色御影。建築石材墓石用、記念碑、台座石等全国的に使用されている。岡山県万成産。石辞典でもっと詳しく見る

御影石みかげいし

花崗岩、閃緑岩、はんれい岩など硬質の深成岩の通称。六甲山に近い神戸市の御影地方が古くから花崗岩の石材産地であることから、こう呼ばれる。

水糸みずいと

水平に張り、石据えや基礎工事の基準として遺形などに張られる糸のこと。

水勾配みずこうばい

水を流し去るために、ヘリの部分にゆるやかな勾配をつけること。床は水平にすることが定則であるが、外部の雨水のかかる床、水洗いを必要とする床面に最小限の勾配を施す。

水垂れみずたれ

水勾配と同じだが、これは墓石の台や窓台など単体の石材に設ける傾斜のこと。

水抜きみずぬき

石積み、石垣に設ける裏側より浸透する雨水などを外柵に排出する施設。通常、硬質塩化ビニール管を水勾配を確実にとって設置する。

水磨きみずみがき

石材の表面仕上げの一つ。本磨きの前の状態で仕上げる石の磨き方。うっすらと艶が出た状態を指す。

無縁墓むえんはか

完全に継承者がいなくなってしまったお墓のこと。無縁墓になってしまった場合、公告後一定期間ののちに墓石の撤去、遺骨の合祀が行われることが多い。公営墓地では無縁墓を更地にした区画を再度公募することがある。

夫婦墓めおとばか

夫婦墓とは夫婦だけが入るお墓であり、 棹石に戒名を彫刻する時は左に妻、右に夫を彫刻する。最近では、夫婦健在のうちに、寿陵で建てる人が増えている。

目地めじ

石の継ぎ目、モルタル目地、洗い目地、ねむり目地、深目地、押し目地、コーキング目地などがある。目地ごてで仕上げたものを「化粧目地」という。

面切めんさい

1尺平方のこと。

物置台ものおきだい

物置台(荷物台、風呂敷台とも呼ばれる)とはお墓参りの際、 荷物を置いたり腰をかけたりする石。

モルタルもるたる

セメント、砂、水を練り合わせたもの。

役物やくもの

曲げ物。加工上、特殊な形をしたもの。石工が手作りで仕上げる加工方法、製品のこと。

薬研彫りやげんぼり

石の断面がV字型になるように彫る彫り方。

よど切りよどぎり

化粧継ぎ手の一種。江戸切りともいう。

洋墓ようはか

洋墓とは洋風な墓石を指し、その形状は一般的に横に長く背が低い。棹石部分が垂直に近いストレート型、斜めに加工されたオルガン型が主流である。近年ではデザイン性の高い洋墓をデザイン墓石と呼んで区別している。

両家墓りょうけはか

2つの家のお墓を1つに祀ったお墓のこと。少子化により1人っ子同士の結婚が増えたため、片方の家の墓が無縁墓になることを防ぐ意味でニーズは高まっている。1つの墓石に両家の家名・家紋を彫刻するものと、1つの墓地に両家の墓石を並べるものとがあり、多くの場合改葬を伴う。

霊園れいえん

霊園(れいえん)とは、公園のように明るく綺麗な墓園(墓苑、共同墓地)の名称として使用されている呼称。公園墓地などを指す。

和型墓石わがたぼせき

日本古来より伝わるお墓の形状、棹石、上台、下台からなる3段墓が一般的。また五輪塔なども和型墓石のひとつ。